業務内容のご案内

民事事件 

不動産取引一般/借地借家/貸金・売掛金/債務整理・個人破産・個人再生/過払金請求/境界・近隣紛争/貸金回収/交通事故/個人情報保護/契約書作成・商取引/労働事件(労働者側・使用者側)/行政事件(行政訴訟・行政不服申立)

 

家事事件 

遺言・相続/離婚・親権者・家族の問題/成年後見

 

刑事事件

一般刑事/少年事件

 

会社関係

会社法一般/法人顧問/経済特別法(独占禁止法・金融商品取引法等)/知的財産権(著作権等)/労働事件(使用者側)/会社設立/契約書作成/倒産整理・破産・民事再生/総会対策/パワハラ・セクハラ

 

 

 

 

顧問契約について

http://jp.fotolia.com/id/9718310 © Volodymyr Vasylkiv
http://jp.fotolia.com/id/9718310 © Volodymyr Vasylkiv

企業のコンプライアンス(法令遵守)が重要視される社会情勢となり,また昨今の社会情勢から債権管理の困難さが増大してきました。さらには株式管理,株主総会対策,労務管理など企業経営に法律的知識が多分に必要となっています。

また企業の商取引においては,会社内部の手続の踏襲の重要性もさることながら,取引に法律の規制が働いている場合が数多く見受けられます。

企業内弁護士を置く会社もありますが,そこまで必要ではないものの,法律の専門家のアドバイスを要するとされることは,日々の業務において実感されていることと思います。

そこで弁護士と顧問契約を結ばれ,活用されることはいかがでしょうか。

顧問弁護士は,顧問先企業の事情を詳細に把握した上で相談・事件を受任いたしますので,紛争や交渉,契約などのより有利な進め方を適切にアドバイスできます。

顧問契約の内容についてはご説明いたしますので,お気軽にお問い合わせください。
 

  

 

 

森田和明法律事務所

大阪市北区西天満6丁目3番11号

梅田ベイス・ワン6階606号

 

TEL:06-6361-8613

代表/受付時間9時30分~18時

 

 

 

 

 

 

お気軽にご相談ください